ダサうぇぶろぐ。

美的センス0の元自動販売機補充員のダサうぇぶろぐ。現在クソダサwebデザイナーとして絶賛活躍中!ダサい俺がwebの話しなんかをしちゃってみるよ。

ブログタイトル

MENU

【フェリー さんふらわあ】九州へ向けて船旅へ! 大阪〜別府間を航海してきたので船内の様子をレポートするよ!

 

いざ九州へ!フェリー「さんふらわあ」に乗ってきたぞ!

みなさんこんにちはダサうぇぶと申します。

先日、仕事の都合で九州へ行く機会があったのですが、その際にマイカーを持ち込めるフェリー「さんふらわあ」を利用してきたので、今日はその感想をたっぷりと写真付きでレポートします。

フェリーを利用してみたいけど、船内の様子が気になる・・・。そんな方の為に少しでも参考になればと思い大量の写真付きで記事にしてみました。

 

それでは快適な船旅へ出航〜♪

 

・3つの航路を結ぶフェリーさんふらわあ
・船内を写真付きで紹介!
・船旅のメリットとは?
・まとめ

3つの航路を結ぶフェリーさんふらわあ

運行経路

画像引用元 公式HP:フェリー「さんふらわあ」

今回、僕が九州へ行くために利用したフェリー「さんふらわあ」は3つの航路があるので簡単にご紹介します。

フェリーさんふらわあの3つの航路は、大阪⇔別府航路・神戸⇔大分航路・大阪⇔志布志(鹿児島)です。

今回の出張では、大分県の温泉地で有名な由布院に行くことが目的だったため、本来は神戸⇔大分航路に乗る予定だったんですが、あいにく欠航していたため今回は大阪から別府行きの航路で九州に上陸することに。

乗船したフェリーは「こばると」という名前でした。
うん、すごくカッコイイ名前ですね。仮面ライダーにいそう!笑

さてそのフェリー「こばると」の運行スケジュールは、大阪港の出航時間は19時5分で別府港着が翌朝の6時55分です。

およそ12時間の船旅を経験してきました。

12時間もの長い時間のため、快適に過ごしたいですよね?そこで気になるのが船内の様子だと思います。

それでは実際に僕が撮影した船内の様子を写真付きでご紹介します。

フェリー さんふらわあ「こばると」の船内の様子を写真付きで紹介!

乗船前手続きを済ませ早速船内へ突入です。まずは3階Bデッキゾーンからご紹介!この広々とした船内いかがですか?これはほんの一部ですよ。

こちらはパブリックスペースです。左側の窓からは外の景色も伺えますよ。右側のテーブルにはコンセントもついていますのでスマホやパソコンの電池の心配もする必要ないです。

なんと!船内はWi-Fiも完備されているようです。これで長時間の船旅もネットや動画を見ながら快適に過ごせますね。

パブリックスペースはまだまだたくさんあります。こちらのテーブル席はまるでファミレスの座席みたいです。ゆっくりとご飯を食べたりできますよ。

さらに奥を覗いてみるとお子様が遊べるキッズスペースもあるんです。すぐそばでお子様を見てられるのでお父さん、お母さんたちも安心ですね。

船内を散策していると、記念撮影用の写真スポットがありました。お友達やご家族との旅行の記念撮影にぴったりですね。

あ、これよく見るやつですね?フェイスブックのパネルのやつ(笑)これでSNSに投稿すればネタに使えること間違いなし!

3階Bデッキには案内所がありますので何か困ったことがあったらここで聞いてみましょう。

4階Aデッキに通じる階段です。案内所のすぐ近くにあります。

階段を登ってみると別府の街並みをがみられる大きな写真があります。期待感を高めてくれますね。

4階Aデッキの様子です。4階は主に客室がメインとなっているフロアーですが、パブリックスペースもあります。

さあ、ここからはお待ちかねの施設写真をどーんと公開します。

まずは娯楽施設のゲームセンターから

ゲームセンターです。UFOキャッチャー、スロットなどがありました。

九州限定のお土産がある売店・お土産ショップ

こちらが売店・お土産ショップの営業時間は下記の通り決められているので購入の際は気をつけましょう。

売店営業時間 翌朝
日〜木発便 乗船開始〜21時45分まで 5時30分〜入港まで
金〜土発便 乗船開始〜22時まで 6時〜入港まで

フェリー「さんふらわあ」限定のグッズやお菓子もなどもあるので乗船の記念にいかかですか?

九州限定販売のお菓子があります。じゃがりこの明太子味美味しそうです。

 

個人的に九州に行ったら毎回買ってしまうお土産の一つ銘菓「ざびえる」名前からして興味をそそりますね。笑

 

海を見ながら入れる展望風呂

フェリーのには展望風呂がついているんです。海を見ながら入るお風呂はたまらないですね。営業時間が決まっているので注意が必要です。

売店営業時間 翌朝
日〜木発便 乗船開始〜23時まで 5時30分〜入港まで
金〜土発便 乗船開始〜23時まで 5時〜入港まで

脱衣所の様子です。100円返却式のコインロッカーがあるので貴重品の管理も安心です。

船上のバイキングレストラン

レストランは夕食、朝食ともにバイキング方式となっています。購入は券売機がありますので、そこで料金を支払う仕組みと成っています。
料金を下記表にまとめたのでご参考までにどうぞ。

バイキング料金表
  大人 シルバー(65歳以上) 小人(小学生) 幼児(4歳以上)
夕食 ¥1540 ¥1230 ¥1030 ¥620
朝食 ¥620 ¥410 ¥310

レストラン内の様子。写真でもわかるようにとても広いです。

種類が豊富なサラダバーやデザートのコーナーにはチョコレートフォンデュがありました。小さいお子さんも大喜びですね!

こちらが僕が取り分けた夕食です。盛りにセンスが感じられないのが残念ですね(笑)元を取ろうとついつい欲張ってしまいました(笑)お腹いっぱいです。

今回は朝食を食べませんでしたが、レストランの前に見本があったので写真に収めました。うん、盛り付け方がとても綺麗で美味しそうです。(笑)

フェリーに乗ったら見てみたい展望デッキからの眺め

まずは夜のデッキの様子です。ちょっと夜風にあたりたくてデッキに足を運んでみました。

あたり前ですが真っ暗でした。(笑)ただ、時間帯によってはライトアップした大橋の夜景も楽しむことができるんですよ〜!

明石海峡大橋を撮影しました。すごく綺麗でしたよ。

こちらは太陽が出てから撮影した様子です。この日はいい天気でデッキから浴びる日の出と潮風が心地良かったです。

デッキから海をパシャり!あたり前ですが海しか見えません(笑)

船旅のメリットとは?

太平洋フェリーとは?

さて、今回船内の様子を写真付きでどーんと解説してきましたがいかがでしたでしょうか?少しは興味を持っていただけたのではないでしょうか?今回、船旅のメリットってなんだろうと思い僕なりに考えをまとめてみました。

船旅のメリットについて

船の旅のメリットってなんだろう?僕が思うに一番の魅力は、やはりマイカーやマイバイクと共に乗船できることだと思います。

せっかくの遠方旅行。知らない土地でレンタカーを借りるのもいいですが、費用もかかりますし、いつもと勝手が違う乗り物だとちょっと不安になりますよね?
同じように不安を抱えたあなた!僕は、乗り慣れた愛車やバイクと共に旅行を楽しむのが一番だと思います。
まだ利用されたことのない方は是非一度、船を利用して見てはいかがでしょうか。
普段経験することがない非日常を味わえますし、何より良い思い出になることでしょう。

まとめ

ご家族で九州への旅行の計画をたてているお父さん!長期の休みがある学生さん!またまた一人旅を考えているあなた!この機会に徒歩での乗船、マイカーやマイバイクで「フェリー さんふらわあ」を利用して船旅ライフをエンジョイしてみてはどうだろうか?

僕は、一生に一度はこんな経験してみてもいいのではないかと思います。なるべく料金を抑えたい方は徒歩、マイカー、バイクの船遊プランや同じく弾丸フェリープランなどももありますので、お得に船旅を楽しむことができますよ!

さんふらわあのお得なプランや割引ついてはこちらから>>

 

フェリーに興味も持った方は、以前、僕が北海道に行った際に太平洋フェリーを利用した船内レポートの記事がありますので良かったらこちらもどうぞ♪

 

www.dasaweblog.com

それでは長くなりましたが今回はこれにて船旅レビューを終わらせていただきます!

それではまた次回!

面白かったら読者登録お願いしまーす!