ダサうぇぶろぐ。

美的センス0の元自動販売機補充員のダサうぇぶろぐ。現在クソダサwebデザイナーとして絶賛活躍中!ダサい俺がwebの話しなんかをしちゃってみるよ。

ブログタイトル

MENU

【失敗談あり】おっぱいには気をつけろ!

 

おっぱいには気をつけろ!

世の中には2種類の人間がいる。
それは、おっぱいが好きな人間とおっぱいが超絶大好きな人間。

どうも!おっぱいが超絶大好きな人間サイドのダサうぇぶと申します。

今回はおっぱいには気をつけろ!というテーマでお送りいたします。

テーマがテーマですのでなるべく、ふんわりおっぱいに包み込まれたような記事を書いていくよう努めますが、ちょっと苦手だなーって方はおっぱいの部分を違う言葉で脳内変換してね。

それではどうぞ〜!

・セガールの映画から教わったおっぱいに対する心構え
・バレてる?女性のおっぱいをチラ見問題。
・おっぱいで失敗した話

 

セガールの映画から教わったおっぱいに対する心構え

おっぱいに対する心構え

男性諸君なら分かることと思いますが、おっぱいってとても魅力的だと思うんです。ただね、おっぱいにはその魅力的な反面、危険要素もたくさん含まれていると思うんです。

その危険要素についてわかりやすく教えてくれている映画をご紹介します。


それは、スティーブンセガール主演の映画「暴走特急」

この映画のワンシーンであのセガールがおっぱい好きのみんなのために注意換気を促すシーンがあるので紹介しようと思う。

そのシーンとは、セガールが美女のおっぱいを使いハニートラップを仕掛けるシーン。

美女セリフ「ブラジャー取れちゃったの💓」


その策略に気を取られた敵はその後、セガールに瞬殺されてしまいます。

そして、おっぱいに気を取られている敵を瞬殺した直後、セガールは強烈な一言を言い放つのです。

「おっぱいには気をつけろよ!」

いや〜シビれますね!それにしてもおっぱいに気を取られた為に命を落としてしまうなんて、、、。こんな無様な死に方は絶対嫌ですね!(笑)

とても大切な事を教えてくれた、セガールさんに感謝です。

このように、我々はおっぱいとの接し方を少しでも間違えると、命を落としてしまうという現実が待っているのです。(笑)

実社会では法的措置や非難を浴びるとかかな。

う〜ん、恐るべしおっぱい!

バレてる?女性のおっぱいをチラ見問題。

バレてるよ!女性のおっぱいをチラ見問題。

薄着の季節になり露出度の高いキワドイ格好をする女性も多くなるこの夏。おっぱい好きの諸君にとってはこの状態は間違いなくパラダイスだと言えるでしょう。(笑)



やたら胸のあたりを強調した服装、タイトなTシャツ・・・。正直目のやり場に困ります。

ファッションと言われたらそれまでですが(笑)

でもね、おっぱいが好きだからってチラ見したり、直視したりするのはダメですよ!あれバレているらしいんです。

ここで、おっぱいチラ見問題について847人の女性インターネットユーザーにアンケートを取った結果が掲載されている興味深いサイトがあったので、その結果の一部を抜粋しよう。

参照サイト:ガジェット通信

<男性のチラ見ってわかるもの?>

  • チラ見に気がついてる 494票 (58.3%)
  • チラ見に気がつかない 353票 (41.7%)



この結果をみると約6割の女性があなたのチラ見に気づいていると証明している。

さて、この結果を踏まえて女性はチラ見に関してどのように思っているのか?一部抜粋してみた。

<女性の意見>

  • 気持ち悪い視線にばかりよく気がつく
  • 気がついてるにきまっとるがな
  • あ、いま胸見たな とか、わかる
  • だ、男子ってそんな目で私を見てるの?



とまぁ・・・これらの声が上がっていた。世の男性諸君気をつけなはれ!!

本当に一歩間違えると捕まってしまいますからね!

とは言っても目の前にたわわな物があったら思わずみてしまうのが男の性。

僕も30年と少し生きているとね、おっぱいが原因で失敗した!なんていうエピソードがあったりするんです。

そこで続いては、僕が経験したおっぱいの失敗談を紹介しよう。

おっぱいで失敗した話。

おっぱいで失敗した話。

皆さんは、おっぱいが原因で失敗したこと?やらしかしたこと?なんてありますか?

僕は少なからずあります。特に若い頃は結構あったなぁ(笑)でも安心してください!今はもう大人ですから大分落ち着いてきました。

それではおっぱいが原因で失敗した話をどうぞ!

ケース1:夜のお姉さんの誘惑編

夜のお姉さんの誘惑編

これは若かりし頃の僕が、夜のお姉さまたちがいるお店に行ったときの話しです。当時は、僕も普通の会社員でしたから上司や取引先とのお付き合いで夜のお店に飲みにいっていたことも結構あったわけ。

こうゆうお店に行くと必ず何人かはいるんですよね、おっぱいを武器にしてくる女性が。

 

ダサうぇぶさん!初めまして〜〇〇で〜す。(夜のお姉様)

 

なんて軽く挨拶するまではいいんですが、よ〜く谷間のあたりを見ると奴が潜んでいる訳。そう、ライターです!

 

あれ?おっぱいの間にライターが挟まってますやん!笑

 
 

フフフ〜。(夜のお姉様)

 

え?なにそれ?これで火つけてくれるの?もう僕のテンションもグーンと急上昇!

 

もぉ〜どこ見てんのよ〜!(夜のお姉様)

 
 

いやいや見てないし!全然見てないし!(笑)

 

なんて、じゃれあいながら吸うタバコの味も格別!これが大人ってものなのか〜なんて当時の僕は思っておりました。

さらに夜のお姉さまは攻撃の手を緩めません!僕の肩にはなにやら柔らかい感触が・・・。

 

あれ・・・?なんか柔らかいものあたってますけど?

 
 

わ・ざ・と・あててるの💕(夜のお姉様)

 
 

わ・ざ・と???惚れてまうやろ〜〜〜〜💕

 

まあ、そんなこんなのやり取りをして夜のお姉さまにお金を落としていくというわけです(笑)

うん、若かりし頃の失敗談です。

おっぱいには気をつけようと思った瞬間でしたね!

ケース2:クライアント先のお姉さま編

クライアント先のお姉様編

この話は割と最近の話なんですが、僕と社長(元バリバリの営業マン!キレキレの営業トークが売りの50代男性)が既存のクライアント先に自社のサービスの売り込み営業をしに行ったときのお話しとなります。

事前情報では今回お会いしてくれる方は、上のクラスの役職の女性とのこと。

僕は上のクラスの役職と言うことで、そこそこ年配の女性なのかなーなんて思っていました。

当日はホテルのロビーで待ち合わせをしていました。僕と社長が気合い満々で待ち構えていると、そこに現れたのは・・・。

 

とても若い峰不○子やないか〜い!(笑)

 

峰不○子が現れた

そこに現れたのは昭和生まれの男子の憧れの存在!峰不○子を連想させるナイスなバディーの持ち主!

いきなり面を食らった僕と社長!

これは相手の策略にハマってはいけない!

僕たちは会社の代表としてきているのです。

社員みんなのために、ここは一つデカイ仕事を取らねばなりません!

まずは名刺交換をし、いざ営業トークスタート。

視界に入るたわわなバストは気にしない気にしないと心の中でつぶやきます。

早速、僕はテーブルに資料を広げました。

その時、峰不○子様が資料を見るために前かがみに・・・。

その瞬間!僕の口からは思わずあのワードが飛び出ていました。

 

おっふ!

 

そうです!週間少年ジャンプで連載中の人気ギャグ漫画「斉木楠雄のΨ難」のキャラクターである照橋さんのあまりの美しさに野郎どもの口から溢れ出てしまうあの伝説のワード「おっふ」です。

「おっふ」が出てしまった以上僕はとても戦力になりません。残るはかつてキレッキレッの営業トークでブイブイ言わせていた50代社長に託すことに!

お願いします社長!僕の仇をとってください。

僕はアイコンタクトを送ろうと右隣にいる社長に視線を向けます!

社長:「おっふ」!

 

 

あんたもかーい!

 

僕は社長のことをよく見ていると、どうやら社長の視線がある一点に釘付けになっていることに気づきました。どこみてんのかバレバレですよ!笑 さらにいつものキレッキレッのトークはどこにいってしまったのか?全くキレのないトークで場の空気も微妙な感じに。

どうやら僕たちは敵(クライアント)の罠にまんまとハマってしまったようです。

敵には天才軍師がいた模様。

帰りの車内で社長がボソッとぼやいた一言。「あのおっぱいは反則でしょ?」これには思わず苦笑い。

この時起きた真実を、社員に話せなかったの言うまでもありません!

おっぱいには気をつけようと再確認できた出来事でした。

まとめ

さて、今回はおっぱいについて語ったエントリーでしたがいかがでしたか?男性諸君のみんなもおっぱいで失敗したこと、おっぱいには気をつけようと思ったエピソードがたくさんあると思います。

最後におっぱい絡みで女性に言われたセリフを並べて終わりにさせていただきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ジロジロ見てんじゃないわよ!この変態!

 
 

あなたは、私のおっぱいが好きで付き合ったのよ!ねぇ・・・そうなんでしょ?

 
 

はい!5000円ね!

 

ダサうぇぶろぐ。面白かったら読者登録お願いしまーす!


面白かったら読者登録お願いしまーす!