ダサうぇぶろぐ。

美的センス0の元自動販売機補充員のダサうぇぶろぐ。現在クソダサwebデザイナーとして絶賛活躍中!ダサい俺がwebの話しなんかをしちゃってみるよ。

ブログタイトル

MENU

【恐怖】自動販売機補充の仕事をしていた時に遭遇したアイツの話。

 

【恐怖】自動販売機補充の仕事をしていた時に遭遇したアイツの話。

 

みなさんこんにちはダサうぇぶ(@dasaweb_blog)と申します。

 

僕は自動販売機補充の仕事を5年間勤めた経験があるのですが、自動販売機の仕事をしているとほんと色んなことが起こるんですよ。

一般的にはツライっていわれている仕事ではありますが、もちろん楽しいことだってありますし、仕事中に逆ナンされちゃうことだってあるんですよ~!

※ただしイケメンに限る

僕の後輩なんかは、仕事中なのになぜか警察に万引き犯と間違えられたり!笑

そんな楽しいこともある、自動販売機補充の仕事ですが、個人的にこれだけは生理的に無理!マジで勘弁して!っていう経験がありましたので、今回は自動販売機補充の仕事をしていると、異常に遭遇率が高い。できれば絶対会いたくない!アイツについての話しをしようと思います。

まずは、自動販売機の業界について簡単知りたいって方はまず、こちらの記事から読んでいただければと思います。

www.dasaweblog.com

 

・できれば絶対会いたくない!アイツの正体とは?
・アイツが潜んでいる場所とは?
・絶対開けたくなかった恐怖の空き缶潰すマシーン!空き缶くん!

 

できれば絶対会いたくない!アイツの正体とは?

自動販売機補充の仕事をしてるとねアイツに遭遇する確率が高いのです。

アイツってなんだよ?って思うことでしょうが、恐らくみなさんのご自宅にも必ずいるはずですよ?

できれば一生会いたくない、そして視界に入れたくないアイツが!笑
そうです、黒光りしているアイツです。
ゴギブリです!

自動販売機補充の仕事で、どこでアイツと遭遇するの?って思うことでしょうが、実は意外な場所に潜んでいるんですよアイツらは!

アイツが潜んでいる場所とは?

みなさんは、自動販売機補充の仕事をしててゴキブリと遭遇する場所ってどこだと思いますか?これが結構意外な場所に潜んでたりするんです。

僕も初めて発見した時は相当ビビリました! もう完全にホラー展開ですよ。笑
えっなんで!こんなとこから?って感じでした。

その場所とは、実は自動販売機の隣に必ずあるものです。そう、缶やペットボトルを捨てるための空き缶用回収用のゴミ箱に潜んでることがあるのです。

え?何故ゴミ箱?にと思うかもしれませんが、実は空き缶専用のゴミ箱はゴギブリにとっては天国なんです。

皆さんの中にも、一度は飲みかけの缶ジュースの中身を捨てずに、そのままゴミ箱に捨ててしまった!なんて経験がある方もいると思います。

実はこれが原因のひとつなんです。ジュースという甘〜いミツが入った容器なんてあいつらは大好物なんです。

飲みかけの缶ジュースを捨ててなかったとしても、缶ジュースって意外に全部飲んだと思っていてもすこーしだけ残ってしまうものなのです。これがどんどん積み重なっていくとゴギブリが大好きな甘〜いミツだらけの食堂の完成ってわけです。

しかもあいつらは缶の中に潜んでいたりするからタチが悪い。ww もはや住まいですw

缶の中にいるゴギブリとか想像してみてください。

これは...井戸から出てくる貞子に匹敵する恐怖です。笑

ちなみに自動販売機用補助員の仕事の一貫で空き缶やペットボトルのゴミ回収をするとき中身が漏れないようにしっかりと縛り、その後トラックの屋根にそのゴミを投げるという作業があるのですが、

その作業のゴミ袋を縛る段階で、嫌な音が聞こえてくることがあるんです。

カサカサッ、カサカサッってこれはなんの音だとおもいます?

そうです...ゴギブリです。

そのまま知らずにトラックの屋根に投げてしまい万が一にも屋根の上でゴミ袋が破けてしまった時なんかマジで最悪ですよ!

破れた袋からアイツが出て来ますからね? トラックの屋根の上でアイツと格闘とかマジキツイです!

ちなみにあいつらとの遭遇率が一番高かったのは僕の経験上では夏場でした。 恐らく、夏場はジュースを買う機会が格段に多いからでしょうね。だってゴミ箱とかパンパンですもん!

絶対開けたくなかった恐怖のマシーン!空缶鳥(くうかんちょう)とは?

自動販売機補充の仕事をしているとゴギブリと遭遇する可能性が高いことが、少なからず分かっていただけたと思いますが、僕が自動販売機の仕事をしていた経験上、最も大量のゴギブリを発見したときの話しをします。

その機械は高校に設置してありました。 飲み終わった空き缶を取り出し口に投入すると空き缶を潰すというリサイクルマシーンでした。

その名は、空缶鳥(くうかんちょう)!

この機械のすごいところはね、空き缶をひとつ投入すると10円が取り出し口から出てくるんですよ! つまり10個空き缶を集めて投入していけば100円になるって話です。

こんな機械が、もし学校にあったとしたらどうすると思います?そりゃ投入して小銭でも稼ごうって気になりますよね!

そんな訳でこの機械は学生に大人気でした。 夏場なんて高校生達がガッチャンコ、チャリーンってな感じで毎日のように使ってました。

そんな稼働率が高いこの機械の中は果たしてどうなってると思います? もうアイツラにとってはミシュラン五つ星の高級ホテルと一緒ですよ!

僕が自動販売機補充の仕事をして、初めてこの機械を開けた時は失神するかと思いました。

中をあけると、なんと10匹以上中に潜んでたんです。 生まれて初めてあんな大量のゴギブリをみました。

まさに機械の中はカオスでした。笑

この空缶鳥(くうかんちょう)は週に1回のペースで回収して10円を補充する作業があったんですが、毎回開けるのが怖くてたまりませんでした(*´Д`*)

結局この機械は壊れて撤去となったので助かったのですが。

当時はもう2度この機械とは携わりたくないと思いました!

さて、今回は自動販売機補充の仕事はゴギブリと遭遇する可能性が高いと言うお話でした。

これから自動販売機補充の仕事をしたいと思っている方は苦手な方は務まらないかもしれませんね!

次回もよろしくね!

 

他にも自動販売機補充の仕事について書いた記事があるので良かったら読んでね。

 

www.dasaweblog.com

www.dasaweblog.com

 

www.dasaweblog.com

 

面白かったら読者登録お願いしまーす!